たばこコラム

【男女別】タバコの銘柄別イメージや持ち方から分かる性格診断を解説

タバコ 銘柄 イメージ

タバコは紙巻きタバコや加熱式タバコを合わせると、100以上もの銘柄が販売されていますが、その銘柄別に様々なイメージがあり性格が反映されているとも言われています。

そこで今回は「男性編」「女性編」に分けたタバコの銘柄別イメージ、またタバコの持ち方で分かる性格診断を徹底解説していきます!

結論から言うと、筆者や周囲の喫煙者が吸っている銘柄とイメージ・性格は本当に反映されていましたので、皆さんも是非ご覧になり楽しんでみてください。

目次

男性が吸っているタバコの人気銘柄別イメージを解説

タバコ 銘柄 イメージ 男性

まずは、人気のタバコ銘柄を男性が吸っていた場合の銘柄別イメージを解説させていただきましょう。

ご自身の吸っているタバコ銘柄が良いイメージなのか、はたまた偏見を持たれているのかが気になる方は、是非探してみてください。

男性の銘柄別イメージを飛ばして女性の銘柄別イメージを見たい方はこちらをクリックしていただけるとすぐ見られます。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「セブンスター」

セブンスター

国内での販売数No.1の銘柄でもあるセブンスターは、セッタ・ブンタなどの相性でも良く知られ、王道の渋いタバコというイメージがあります。

また偏見的なイメージとしては、過去にヤンチャをしていた男性で今でも過去の栄光が忘れられない人や田舎のヤンキーという印象を持たれやすいでしょう。

その他にもセブンスターは人気があり、他のタバコに浮気をする人が少ないので一途な人が多い、ヘビースモーカー・意志が強いなど良いイメージも沢山あります。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「メビウス」

メビウス オリジナル

1977年にマイルドセブンという名称で販売を開始され、2012年にメビウスと名前を刷新して以降も上位の国内シェアを誇る銘柄で、喫煙初心者から長く愛用している方まで幅広い方に愛されているイメージがあります。

現在はフレーバーの種類も豊富になりましたが、基本的にラインナップが豊富だということはそれだけ無難な銘柄でもあるということなので、偏見的なイメージになると当たり障りのない普通の男性だと思われそうです。

また同じメビウスの中でも、昔からあるノーマルな銘柄ではなくメンソール系を吸っている男性の場合は、若い方が多くギャル好きという偏見もあるかもしれません。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ウィンストン」

ウィンストン・キャビン・レッド・8・100s・ボックス

赤と白が印象的なパッケージのウィンストンは、2015年にJTがキャスター・キャビンを統合して一つのブランドになり、以降はウィンストンと一言で言っても元がどの銘柄かでイメージが変わるようです。

オリジナルのウィンストンはコンビニなどでもあまり見かけない事から、少々変わり者という偏見じみたイメージもありますが、キャスターやキャビンは元の銘柄が少し年長者に愛されていた事からおじさんのイメージがあります。

また全般的に落ち着いた性格であるもののどこか謎めいた男性が多く、ミステリアスな印象を受ける事が多いです。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ケント」

ケント・エス・シリーズ3・100ボックス

スタイリッシュなロゴが印象的なケントは、薄くスリムなパッケージと同様にスタイルが良く、おしゃれで適度なこだわりを持っている人が多いというイメージがあります。

ヤンチャをしていた方というイメージは無く、どちらかと言えば理数系の知的でコミュニケーション能力が高い男性がケントを吸っているという印象です。

その一方で、スリムなメンソールタイプを吸っている方の場合は、かっこつけたがりで自分を良く見せたい方という偏見のようなイメージを持たれる事もあります。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「マールボロ」

マールボロ

世界的に有名でロングセラーを誇るマールボロは、レギュラー・メンソール・ハイブリッドなどシリーズが豊富に展開されているため、一概に一括りには出来ませんが一般的には社交的でカッコイイ男性というイメージを持たれています。

マールボロは映画やドラマなどでも良く小道具として使用されるためか、サラリーマンからガテン系まで幅広い方が吸っている事もあり、レギュラーの赤は男らしさを出したい方、メンソールはチャラ男など多様な印象があることも特徴です。

またマールボロブラックメンソールはホスト系やチャラ男、アイスブラストはかなり偏見が強く女たらしなどというイメージがあります。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ラッキーストライク」

ラッキーストライク FK

ラッキーストライクは有名ミュージシャンが良く吸っていることでも有名なためか、仕事や趣味として音楽にかかわっている男性が多いというイメージを持たれています。

レギュラーのラッキーストライクはタールやニコチン量が多いため、本当にタバコを好きで吸っている愛煙家で100円ライターなどではなくジッポライターで火を点けるなど、こだわりが強い方が多いです。

また名前の由来からパチンコや釣りが好きな方にもラッキーストライクを愛煙している方が多いため、偏見からギャンブル好きというイメージもあります。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ナチュラルアメリカンスピリット」

ナチュラルアメリカンスピリット・ライト

パッと目を引くカラーのパッケージに反し、ナチュラルアメリカンスピリット(アメスピ)は100%無添加でタバコ葉本来の味を楽しむことが出来るため、個性的でおしゃれだけど本当のタバコ好きが吸っているというイメージがあります。

図柄やフォントも凝っているので、ストリートファッションやサブカル系が好きな若者も多く、人懐っこく生き上手な男性が多い印象が強いです。

また偏見的なイメージには、サーフィンやスケボーなどの趣味を持っている方や芸能界にも愛用者が多いためか、ミーハーだと思われる事もあるでしょう。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ハイライト」

ハイライト

1960年に販売されて以降、フィルターのリニューアル以外変更がされておらず長年愛され続けているハイライトは、当時から変わらず吸い続けている人が多いので年配の方が吸っているイメージが強いです。

クールスモーキングで上手に煙を味わうと、ハイライト独特の辛みの奥にラム酒の甘さを感じることが出来るので、若い男性が吸っているととても渋くタバコを愛しているという印象を与えるでしょう。

度重なるタバコの値上げでも比較的安い値段を維持しているため、お金が無い人が吸うタバコ・ブルーワーカーなど偏見じみたイメージを持たれる事もあります。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「キャメル」

キャメル・ボックス

元々は個性的な風味が特徴だったキャメルを吸っている男性は、一人が好きな個性的なおしゃれを楽しんでいる方や美術・美容関係の仕事をしているイメージがあります。

自分からアピールするような人ではなく、静かで奥手な男性にもキャメルを愛飲している方が多い印象です。

しかし、2002年以降に製造・販売された商品は以前のものと比較してクセが無くなりおしゃれなパッケージになったため、若くシンプルなファッションが好きな男性が好むというイメージが定着しました。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ホープ」

ホープ(10本入)

小箱に入った太短いタバコの代表格でもあるホープはタール数が高く煙も多い重めのタバコで、頑固な職人肌の年配男性が吸っている銘柄のイメージが強いです。

太っ腹で面倒見が良いのですが自分にお金をかけないタイプが多いためか、歯の治療をしていなかったり服装にもあまりこだわりが無い年配者という印象もあります。

偏見的なイメージは外仕事の作業着を着ている中年男性など、あまり若い方のイメージが少ないですが若い男性がホープを吸っていると渋い・男っぽいなど良い印象を与える事が多いです 。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ピース」

ピース 10

日本で製造されているタバコの中で最もタール・ニコチン量が多い銘柄で有名なピースは、ホープと同じように小箱に入ったものからロングタイプ・一般的なタール・ニコチン量のものまで幅広く販売されています。

フィルターの無い両切りタバコを愛用している男性は、落ち着いた大人の風情を感じられる方というイメージがあり、ロングタイプのものでもピースだからと吸っている人が多いのでこだわりが強い人が多い印象です。

また吸い方によっては雑味を強く感じることがあるためか、通好みで一途なタバコ好きの方が多く喫煙者の中でも一目置かれるタバコだと言えます。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「JPS」

JPS・KS・ボックス

真っ黒なパッケージに金色のロゴが印象的なのに、実際には吸っている人をなかなか見かけないJPSを吸っている男性は、見栄っ張りで周囲とは違うことを好む方が多いイメージです。

またある程度お金を持っている余裕がある男性という印象もありますが、性格はどちらかというと内向的でクヨクヨ悩みやすい人といった面もあります。

自分のペースを崩されるのが嫌いで、偏見ですがメンヘラな一面を隠しきれていないのに強がっている男性というイメージも強いです。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ラーク」

ラーク・KS・ボックス 12mg

クセが無くしっかりとした吸いごたえが人気のラークは、ギャンブル性の強いことを好む男性や個性的に見せたい人が吸っているというイメージがあります。

特にレギュラーの赤ラークと呼ばれているものは、過去にヤンチャをしていた方にも好まれている印象で、若者というよりは年配の方が吸っている事が多いでしょう。

近年では豊富な銘柄を取り揃えている事もあり、特にメンソールフレーバーは若い男性にも好まれていますが、やはりおじさんタバコ・頑固・こだわりを見せたい人という印象を拭いきれていないようです。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「キャスター」

ウィンストン・キャスター・ホワイト・3・ボックス

バニラの香りが印象的なキャスターは、ウィンストンに統合されて以降も根強い人気を誇る銘柄で、優しいおじさん・多趣味な人・温厚など良いイメージが多いという事が特徴です。

発売が1982年だった事もあり、甘くタールの低いタバコが少数だった当時から銘柄を変えていないだけという男性も多く、面倒なことを嫌う傾向が強い印象もあります。

タバコの嫌なニオイも控えめなので、タバコを吸い始めた方が初心者用として吸っていることも多いです。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「クール」

クール・FK・ボックス

世界でも唯一メンソールタバコのみの銘柄であるクールは、サーフィンやスケボーなどのスポーツを趣味にしている男性や、ホスト・バーテンダーなどの接客業をしている男性に多い印象です。

女性に人気があるスポーツや接客業の方が良く吸う銘柄だったためかチャラいイメージを持たれやすく、またカプセル入りのブーストシリーズは20~30代の見栄っ張りな方というイメージがあります。

若い方に好まれる事が多い銘柄ですが、一番重いFKボックスはしっかりとしたタバコの風味に強すぎないメンソールが心地よいため、ちゃんとタバコを味わいたい方にも人気です。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「チェ」

チェ

キューバの革命家であるチェ・ゲバラ氏の顔をパッケージに冠したチェを吸っている男性のイメージは、周囲との差を見せつけたい方や個性的であるということをアピールしたいというものでしょう。

あまり見かけたことが無いと言われる事が多い銘柄ですので、目立ちたがりでサブカル系やアングラ系が好きな人、また偏見的に見れば中二病を患っている方というイメージもあります。

葉巻用で質の良いキューバ産のタバコ葉を無添加無香料で使用しているため、チェという銘柄を好む方は本来のタバコの香りを楽しみたい方も多いです。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「パーラメント」

パーラメント 9mg 100'sボックス

上品さを感じさせるロングタイプのイメージが強いパーラメントを吸っている男性は、見た目の通り企業の社長やアウトローな方というイメージが強く、プライドの高い方が多い印象です。

スーツのポケットからスッと出すというシーンがぴったりで、値段も高いタバコであるため高級なイメージが付いたものだと考えられます。

また、パーラメントはあまり癖のないタバコであるにもかかわらず、吸っている人は空気が読める一癖あるタイプが多いというイメージもあり、独特な個性を持つ方が多いです。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「わかば」

わかばシガー

旧3級品で値段が安いイメージのある昔のわかばを吸っている男性は、味よりも煙が出ればいいと感じている裕福ではない年配の方という印象が強いです。

リトルシガーになってからはレトロなパッケージを好む若い男性も増え、可愛らしい見た目に惹かれて美術系の大学生やアンティーク好きの変わり者というイメージも定着し始めています。

とはいえ、やはり昔のイメージが強いせいか、偏見ですが年配の肉体労働者やギャンブラーというイメージが今でも抜け切れていないようです。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「アークロイヤル」

アークロイヤル

パイプタバコに使われていたタバコ葉を再利用して紙巻きタバコにしたことが発祥のアークロイヤルは、甘い香りが特徴的で甘党の方に好まれるため吸っている男性も可愛らしいというイメージがあります。

パッケージはシンプルなものから黒を基調としたかっこいいものまであり、ちょっと背伸びしている美大生や美容師のタマゴ・アパレル関係者に多いというイメージも強いです。

タバコ本来を楽しむというよりも、甘い香りや味を楽しみたい方に多く1日の本数もそこまで多くない印象なので、個性的なタバコを吸っている自分カッコイイ的なアピールに捉えられる事もあるでしょう。

男性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ガラム」

ガラム・ヌサンタラ・メンソール12

お香のような甘い香りに反してタール・ニコチン量が高いガラムを吸っている男性のイメージは、サイケデリックやレゲエ・グランジなどの音楽ジャンルが好きな方というイメージがあります。

丁子というスパイスが混ぜられているため独特の香りがするタバコで、メンソールはサーファーなどのストリート系の方にも好まれているので、おしゃれでかっこいい人というイメージを持たれることも多いです。

またその独特な癖の強い香りから、吸っている本人もクセが強い・自分勝手など少し偏見の強いイメージもあるので、飲食店や人が多い所でガラムを吸うのは避けた方がいいでしょう。

女性が吸っているタバコの人気銘柄別イメージを解説!

タバコ 銘柄 イメージ 女性

続いては、人気銘柄の中でも女性が吸っている場合に持たれやすいイメージを銘柄別に解説していきます。

男性と同じようなイメージなのか、また偏見を持たれやすいタバコはどの銘柄なのかなど、気になる印象について詳しく紹介しているので、是非参考にして下さい。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ピアニッシモ」

ピアニッシモ ペティルメンソール

可愛らしいパッケージが多いピアニッシモを吸っている女性のイメージは、女性らしい・可愛らしい・華やかなどその見た目通りのイメージが多く、女子大生やOLの方が吸っている印象が強いです。

スリムなロングタイプなので指が綺麗に見えるとも言われており、キャバ嬢など水商売をしている女性にも好まれています。

また偏見的なイメージではメンヘラ・ぶりっ子・ロリータ系など、面倒だと思われやすい女性というイメージを持たれる事もあるでしょう。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「アークロイヤル」

アークロイヤル パラダイスティー

甘いバニラやチョコレート・紅茶の香りを楽しむことが出来るアークロイヤルを吸っている女性のイメージは、冒険心が強く好奇心旺盛な女性というものです。

1つのタバコ銘柄のみを吸っているというよりは、気分に合わせてコアなタバコを選ぶ方という印象もあるので、移り気な女性というイメージを持たれる事もあります。

一般的にコンビニなどで買えるタバコでは無いので、イメージ的にも本当にタバコが好きな女性がアークロイヤルを好むのでしょう。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「キャメル」

キャメル・メンソール・ライト・ボックス

あまり主張が強くないとはいえ、お洒落で個性的なパッケージのキャメルを吸っている女性は、おとなしく1人が好きで変わった雰囲気だというイメージです。

メジャーな銘柄でありながら吸っている人が少ないので、こだわりを持った1本強い芯が通っているという印象を持たれる事もあります。

大勢で騒ぐよりも自分の趣味を大切にしているようなイメージですが、偏見的な目で見ると個性が強く一匹狼系でとっつきにくいと思われる事もあります。また色々試した結果キャメルに落ち着いた女性も多いです。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「セブンスター」

セブンスター

ヤンチャな男性のイメージが強いセブンスター(セッタ)を吸っている女性は、男性と同じく気が強いヤンキー気質だというイメージが強いです。

彼氏の影響からセブンスターを吸い始めて銘柄を変えられなくなった、今さら可愛らしいタバコなんて吸えないなど、強いイメージのままの自分でいたいと思っている可能性もあります。

同じようにタール値の高いタバコを吸っている男性から見れば粋だと思われる可能性がありますが、重いタバコの銘柄が少ないのでただ好みなだけだという女性もいるので一概には言い切れません。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「メビウス」

メビウス オリジナル

性別問わず幅広い年代の方に支持されているメビウスを愛用している女性は、喫煙歴が長くちょっとヤンチャだったというイメージがあります。

親が吸っているタバコを拝借して吸い始めた方、またメジャーどころで安心感があるために選んでいる女性という印象もあるでしょう。

オプションパープルのシリーズはギャルが吸っているというイメージを持っている人が多く、偏見的なイメージにはメンヘラが多いというものもありました。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ウィンストン」

ウィンストン・スパークリングメンソール・ワン・100’s・ボックス

ウィンストンは、レギュラーとブルー・キャビン・キャスターそしてメンソールと様々なタイプがあり、個々にイメージも変わるという特徴があります。

中でもスパークリングメンソールはメロンソーダのようで女性人気が高く、タバコを吸い始めた初心者の女性というイメージが強いです。

同じ銘柄の他製品はおじさんのイメージが強いのですが、メンソール系は若い方や女性にも好まれており、おとなしそう・優しそうという印象を受けます。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ケント」

ケント・エス・シリーズ・スパーク・5・100・ボックス

ケントを吸っている女性のイメージとしては、少数派ではあるものの人並みに社交的で良い意味で普通というイメージがあります。

ノーマルよりはスリムなメンソールを吸っている方が多い印象で、少し人とは違うタバコの銘柄を好んでいる方が選ぶのですが、見た目は普通のOLや大学生から主婦まで様々です。

細身のタバコは指を綺麗に見せる効果があることから、少しでも綺麗な印象を残したいという女性が好むのではないでしょうか。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「マールボロ」

マールボロ ダブル バースト パープル<

男女ともに人気が高いタバコの代名詞と言えるマールボロを女性が吸っている時のイメージとしては、カッコいい・チャラい・ヤンキー・水商売系など様々です。

これは銘柄の種類が多いため仕方ないのですが、赤マルやマルメンはタール数が高いのでヤンキーやかっこいいというイメージがあり、アイブラやブラメンはホストやキャバ嬢・メンヘラなど偏見じみたイメージがあります。

また、世界的にメジャーなタバコなのでミーハーだというイメージを持たれることも多く、自分からというよりは彼氏の影響で吸い始めたと思われる可能性も高いです。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ラッキーストライク」

ラッキーストライク・ボックス

男性のイメージが強いラッキーストライクを女性が吸っていると、音楽好きのヘビースモーカーというイメージを持たれるかもしれません。

バンドマンが好むタバコとしても有名だからか、自意識過剰で少しナルシストな人やストリートファッションが似合うおしゃれな人が吸っているイメージもあります。

確かに、洋楽や洋画が好きな女性や奇抜なヘアスタイルや服装をしている女性が多いという傾向があり、またタバコの味をしっかりと味わいたいタバコ好きな方という印象が強いです。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ナチュラルアメリカンスピリット」

ナチュラルアメリカンスピリット オーガニック ミント 14本入り

若者から高い支持を得たナチュラルアメリカンスピリット(アメスピ)を吸っている女性は、下北沢や高円寺周辺にいるおしゃれな女性というイメージです。

どちらかと言えば、サブカル好きで自分のこだわりをしっかりと持っている自立した方が多く、海外旅行が好きな自由人だという印象もあります。

人とは少し違うことが好きで、ファッションや音楽・旅行など多趣味な女性が吸っているタバコというイメージが強いのがアメスピです。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ハイライト」

ハイライト メンソール

中高年者が吸っているイメージのあるハイライトを吸っている女性のイメージは、粋なタバコ好きというものでしょう。

ラム酒の香りがほのかに漂う銘柄ですので、お酒が好きでしっかりとキック感を味わえるタバコを好む女性が多いという印象もあります。

また、レギュラー・メンソール共にカッコいい・スマートというイメージがある一方で、偏見かもしれませんがヤンチャしていた女性が吸っているというイメージも多いです。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ホープ」

ホープ(10本入)

昭和の頑固おやじや年配の男性が吸っているイメージが強いホープを女性が吸っている場合、男勝りで負けず嫌いな方というイメージがあります。

太く短いのですがタバコの旨味が凝縮されているため、本当のタバコ好きな方が好む銘柄であるものの、一般的に女性が好む銘柄では無いと思われることが多いです。

またホープもヤンチャをしていた方やバイク好きの方が良く吸っているので、彼氏の影響で吸い始めたと思われる事もあるでしょう。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ピース」

ピース アロマ インフィニティ

厳選した質の良いタバコ葉を使っているピースを吸っている女性のイメージは、本当のタバコの味を知っている経験豊富で通な女性というものです。

ただ、好きな芸能人が吸っているという理由でピースを選んでいる方もいるので、その場合は単なるミーハーな女性ということになるでしょう。

タールやニコチン量が多いピースを自ら選ぶ女性は少ないと思われやすいですが、自分の好きなものを追求する研究家肌の女性というイメージもあります。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「JPS」

JPS・KS・ボックス

この銘柄を吸っている人をほとんど見かけることが無いですが、JPSを吸っている女性のイメージは外見をやたら気にするメンヘラというものです。

かなり偏見が入っているようにも感じますが、なぜか全身真っ黒のファッションをしている事が多く、マイナス思考で自信が無い方に多いという印象があります。

とはいえ、販売している所を見かけることも少ない個性的なタバコを吸っているということは、確固とした我が道を行く方で少し変わり者であることは間違いないでしょう。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「ラーク」

ラーク・アイス・ミント・5mg100ボックス

マールボロと共に世界的に知られているラークを吸っている女性のイメージは、男性っぽい嗜好品が好きそうでタバコに詳しいというものです。

一般的にラークを好むのは男性が多く、女性でラークを吸っているとかなり珍しい印象ですが、2000年代に入ってからはメンソールやブルースムースなど、銘柄内のシリーズを増やしているので、女性が吸っていてもおかしくはありません。

しかし、レギュラーの赤ラークとなると一気に昭和世代のおじさんというイメージが強くなり、バブル時代を忘れられない人やおばさんという印象になります。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「キャスター」

ウィンストン・キャスター・ホワイト・ワン・100's・ボックス

穏やかで優しそうな中年男性が吸っているイメージがあるウィンストンのキャスターは、バニラ風味で甘く吸いやすいため女性人気も高いのですが、旧銘柄の影響かおじさんくさいというイメージを持たれやすいです。

しかし、クセが少なく甘いタバコなのでキャスターを吸う女性が増えてきたためか、オーソドックスなものを好む優しい女性といういいイメージが定着し始めてきています。

またあまり若い方が選ばない銘柄のためか、少しミステリアスな雰囲気があるという印象を持たれる事もあるでしょう。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「クール」

クール・ブースト・フレッシュ・8・ボックス

世界で初めてメンソールタバコを開発・製造したクールを吸っている女性のイメージは、若くて綺麗で元気というものが多いです。

一方で偏見的なイメージとしては、ギャル系やキャバ嬢など個性が強いというものや気まぐれ・気が強いなどがあり、特にブーストはザ・若者というイメージを強くもたれています。

他にも気が強い・チャラい・短気などというマイナスのイメージから、気が弱くて優しい・健康的・美人など良いイメージまで様々あることがクールの特徴です。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「チェ」

チェ

男性でも吸っている方を見かけることがほとんど無いタバコ、チェを吸っている女性のイメージはかなりの変わり者か好奇心旺盛な方といったところでしょう。

無添加無香料である面はアメスピと似ていますが、チェは吸い込みが少し軽いので女性にもおすすめ出来る銘柄ではあるものの、やはりメジャーでは無いので偏見じみた変わり者というイメージが先行してしまうようです。

また純粋にタバコ葉本来の味を味わえる銘柄なので、チェを愛煙している女性は本当のタバコ好きという印象があります。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「パーラメント」

パーラメント・ライト・メンソール 100'sボックス

パッケージから高級感が漂うパーラメントを吸っている女性のイメージは、上昇志向が強い・見栄っ張り・上品などのイメージを持たれやすいです。

どちらかというと男性が吸っているイメージが強いためか、上品というイメージ以外は男に負けたくない・自立心が強いなどという印象を与えてしまうのかもしれません。

他にはスナックやクラブのママやキャストが吸っているイメージというものもありましたが、若い女性ではなく少し年齢を重ねた方が吸っているイメージの様です。

女性が吸っているタバコ銘柄別イメージ:「バージニア」

バージニアエス アイスパール

女性らしい印象があるパッケージのバージニアを吸っている女性のイメージは、ピアニッシモよりも少し大人で落ち着いた女性というものです。

細身で長いロングタイプのタバコのため、持っている手が綺麗に見える事もあり水商売の女性やOLさんにも人気ですが、スナックやクラブの年齢が高めなママやキャストが吸っている事が多いでしょう。

またバージニアは髪の毛や周りにタバコのにおいが付きにくい、口紅が付きにくいなど女性特有の悩みを解消している銘柄があるため、気を使える人というイメージもあります。

タバコの持ち方でわかる性格診断をご紹介!

タバコ 持ち方 性格診断

タバコの銘柄別で吸っている方のイメージをご紹介してきましたが、タバコを吸う時の持ち方にその人の性格が現れるとも言われているのをご存知でしょうか?

ここからは、おまけとして「タバコを吸う時の持ち方で分かる性格診断」をご紹介します。

タバコの持ち方で性格診断が出来るのか?と思われがちですが、普段意識することが無い手の動きには深層心理が表れるので、ぜひ自分や周囲の方がどのような性格・心理状態なのかをチェックしてみてください。

タバコの持ち方でわかる性格診断①:人差し指と中指の先で挟む

タバコ 持ち方 1

もっとも一般的で一番多いタバコの持ち方が、人差し指と中指の第一関節と第二関節の間くらいで持つ持ち方です。

この持ち方でタバコを吸う方の性格診断は、基本的に堅実で明るく話好きなため誰とでも話を合わすことが出来る親切な方である一方、頑固な一面も持っています。

また決断を迫られた際には優柔不断な一面を見せる事もあり、人の意見に流されやすい方も多いです。

タバコの持ち方でわかる性格診断②:人差し指と中指の付け根で挟む

タバコ 持ち方 2

一般的な持ち方に次いで、男性に多く見られるタバコの持ち方が人差し指と中指の付け根辺りにタバコを挟む持ち方です。

この持ち方でタバコを吸う方の性格診断は、自分の口元を隠すような形でタバコを吸うということは焦りや不安を抱えているという心理状態の表れで、周りの目を気にしている方に多く見られます。

その一方でかなり行動力があるので石橋を叩いて急いで渡るような性格といえ、吸っていない時にフィルターを握り込んでいる場合の性格診断をすると少し執念深い方だといえるでしょう。

タバコの持ち方でわかる性格診断③:親指と人差し指でつまむ

タバコ 持ち方 3

昔のヤンキー映画などで見られるタバコの持ち方が、親指と人差し指でつまむように持つというものでヤンキー持ちと言われています。

この持ち方でタバコを吸う方の性格診断は、基本的に公平で思慮深く意志が強い、また頭の回転が速いので仕事早く完ぺきにこなすタイプで信頼できる人です。

しかし、自己主張が強く噂好きな一面があるためプライベートでは少し警戒が必要かもしれませんし、人と違う持ち方で目立ちたいという心理からナルシストな面もうかがえます。

タバコの持ち方でわかる性格診断④:親指と人差し指と中指で持つ

タバコ 持ち方 4

上記のタバコの持ち方に次いで見かける事が多いのが、親指と人差し指・中指の3本でタバコを持つという持ち方です。

この持ち方でタバコを吸う方の性格診断は、プライドが高く負けず嫌いで周囲の目を気にする方が多く、また独創的で芸術家肌な方でしょう。

普段一般的な持ち方をしている人が3本指でタバコを持っている時は、他の何かやらなくてはいけないことがあって焦っている可能性があります。

タバコの持ち方でわかる性格診断⑤:中指と薬指の間で持つ

タバコ 持ち方 5

ほとんど見かけることが無いタバコの持ち方に、中指と薬指でタバコを挟むという持ち方があります。

こういった変わった持ち方でタバコを吸う方の性格診断は、自分は変わっていると見せたい方で人に合わせることを嫌うミステリアスな方です。

本来タバコに執着していない、または冗談でやっている可能性もありますが、常にこの持ち方をしている方は顔の半分ほどを隠す形でタバコを吸うため、自分の事をあまり見ないで欲しいという心理が働いているのかもしれません。

タバコの銘柄別イメージは男女で違う?持ち方で分かる性格も解説!まとめ

ドクタースティック バナー

男女別に吸っているタバコ銘柄別のイメージ、またタバコの持ち方による性格診断をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

あれば偏見じみた印象を持たれる銘柄も少なくありませんでしたが、深く考えずに良いイメージの方だけを信じて好きなタバコの銘柄を楽しんでいただければと思います。

また、通常の紙巻きタバコで勝手なイメージを持たれたくない方には、公式サイト限定で11,220円OFFの割引キャンペーンを実施中のドクタースティックがおすすめ!キャンペーンは終了間近なので、良いイメージのタバコが欲しい人は急いでくださいね。

ABOUT ME
NIQOSMO編集長
今の時代はスモークフリーな時代!をモットーにアイコス・プルーム・グローなどの加熱式タバコや電子タバコ、CBDをはじめとしたスモークフリーな喫煙具の口コミ・評判から実際に吸って得たリアルなレビューをご紹介中!喫煙者も非喫煙者もニコニコなスモークライフを送れるよう頑張ります。
【全記事対象】書き出し/3ren フィールドセット
SUAPRI誘導
【3ren】Drs X 商標以外
【CTA】Dr.stick(商標以外)
待望の新型
『Dr.Stick typeX』が今なら11,220円割引!
ドクタースティックタイプエックス CTA

人気過ぎて売れに売れている令和最強タバコDr.Stickから待望の新型「Dr.Stick typeX(ドクタースティックタイプX)」が新登場!旧型より吸いごたえもコスパもパワーアップ!

旧型でも数多くの喫煙者を黙らせる吸いごたえを実現していましたが、新型ドクタースティックタイプXは旧型を上回る驚異のキック感を体感出来ます。

さらにたったの1箱で紙巻きタバコ30箱分が換算できる最強すぎるコストパフォーマンスを実現!

喫煙者の救世主とも言えるドクタースティックタイプXが、今なら79%割引+30日間全額返金保証付きでお得に購入可能!今すぐ公式サイトから新型をGETしてみて下さい。

年齢確認 NIQOSMOはタバコに関する内容を含んでいます。 あなたは20歳以上ですか?