CBD

【違法】HHCリキッドはなぜ規制に?所持だけで警察に逮捕・捕まる?

HHCリキッド 規制 所持 警察 逮捕 捕まる

2022年3月17日に薬機法によりHHCリキッドの成分「HHC(ヘキサヒドロカンナビノール)」が規制となりました。そんなHHCを使うHHCリキッドが規制となる理由が気になる方は多いです。

本記事では、何故2022年3月17日にHHCリキッドが規制になったのか解説!HHCリキッドを所持しているだけで警察に逮捕・捕まる噂もご紹介します。

結論からHHCリキッドが規制された理由を言うと、HHCに強い精神作用・保健衛生上の危害が生じる可能性がある事が原因です!

目次

HHCリキッドはなぜ規制になった?違法の理由を法律の観点から解説

HHCリキッド 規制 違法 法律

冒頭でもお伝えしている通り、なぜHHCリキッドが規制になったのかを解説すると「HHCの成分に強い精神作用がある・保健衛生上の危害が生じる可能性がある」からです。

HHCは「鎮痛作用」「リラックス効果」等の、既存のカンナビノイドの効果に合わせて「陶酔作用」「幻惑感」といった違法指定の大麻成分「THC」にある効果も持っています。

よって、向精神作用のあるTHCと効果が似ている事もあり規制の運びとなりました。また、HHCの製造方法に保健衛生上の危害が懸念されている事も規制の理由の1つです。

なぜHHCリキッドは規制になったのか①:強い向精神作用があるから

HHCリキッドは、高揚感(ハイになる)や陶酔効果がある違法成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)と似た効果を持ちます。よって、THCが配合されていないHHCも規制されたのです。

また、HHCリキッドの使用による交通事故が多発していた事も確認されています。過去に脱法ハーブでも交通事故が頻発していた事から、HHCリキッドが規制の道を辿るのは順当ですね。

なぜHHCリキッドは規制になったのか②:保健衛生上の危害が生じる可能性があるから

HHCリキッドの主成分「HHC」はレアカンナビノイドに種別されており、植物内で自然生成される成分は極僅かです。そのため、世に出回っていた多くのHHCは人の手により生成されています。

その生成方法というのは『THCやCBDを水素化する』という手法です。この手法は、THCやCBDを水素化するプロセスで人体に保健衛生上の危害を及ぼす可能性があると言われています。

また、HHCリキッド自体の有害性を証明する十分なエビデンスはありません。しかし、海外ではHHCの潜在的な危険性・問題を下記のように記載している医療サイトがあります。

・妊娠中に使用する場合は、赤ちゃんの出生時体重を下げる
・交通事故のリスクを高める
・習慣的な使用は、特に10代で停止するのを難しくする可能性があります(大麻使用障害)
・家庭、職場、または学校での関係と生産性への悪影響
・高齢者の怪我のリスクが高い
・立ち上がるとめまい、失神や転倒のリスクが高まる
・一部の人々の精神疾患のリスクを高める

出典:WebMD (翻訳後のページが表示されます)

HHC生成方法の詳細は薬機法の幇助になるので記載していません。

HHCリキッドは所持で警察に逮捕・捕まる?使用罪・罰則を解説

HHCリキッド 所持 警察 逮捕 捕まる 使用罪 罰則

続いては、HHCリキッドの所持で警察に逮捕・捕まる可能性があるか解説していきます。結論から言うと、HHCリキッドを所持していると警察に必ず逮捕・捕まる事になります。

また「大麻取締法」で取り締まられていると思われがちですが、HHCは薬機法という法律で規制されています。本項では、薬機法に違反した時の罰則についてもご紹介していきます。

【結論】HHCリキッドを所持していると警察に逮捕・捕まる!

HHCリキッドを所持していると警察に逮捕・捕まるとお伝えした通り、既に高知県在住の19歳少年がフリマサイトでHHCリキッドを購入・所持した疑いで書類送検されています。

書類送検と言えど逮捕より処分が軽くなる訳では無く、場合によっては逮捕されていた可能性もあります。この事から、HHCリキッドを所持していると警察に逮捕・捕まる事が言えます。

2022年3月に全国で初のHHCリキッド所持による逮捕者が富山県で出ていた

なんと、富山県で全国初のHHCリキッド所持による逮捕者が出てしまいました。この逮捕された方は「規制された事を知っていたが自分で吸う為に持っていた」と容疑を認めているそうです。

このように、HHCリキッドを所持している事がバレると逮捕されてしまいます。逮捕されない為にも、現在HHCリキッドを所持している方は必ず破棄するようにしましょう!

HHC(ヘキサヒドロカンナビノール)は薬機法により指定薬物になった

今回、HHC(ヘキサヒドロカンナビノール)は大麻取締法では無く薬機法にて薬物指定されました。薬機法では、指定薬物の使用や売買は咎められますが研究・医療での使用は妨げられません。

この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。

出典:e-GOV 法令検索

上記の薬機法第1条の通り「保健衛生上の危害発生及び拡大の防止」が薬機法の目的に含まれています。HHCは製造から購入者の使用までの間に保健衛生上の危害が懸念されるので当然ですね。

また、HHCは医療用途では使用が認められる事から、保健衛生上の危害が規制緩和の大きな争点となります。よって、今後の展望によってはHHCが規制緩和される事が僅かに考えられます。

【補足】大麻取締法の規制見直しから日本の大麻観の変化が伺える

補足となりますが「大麻取締法」の規制が近年見直されています。見直しの方向としては、大麻の部位による規制から成分に着目した規制に変わるというものです。

この事から、日本の法律における大麻観が大きく見直されている事が分かります。したがって、THCを有していない大麻由来成分の薬物指定が解かれる日は近いのかもしれませんね。

現行の大麻取締法の詳細
× 花穂・葉・未成熟の茎等から抽出した成分
を用いた製品の輸入・製造等
成熟した茎及び種子から抽出した成分
を用いた製品の輸入・製造等
大麻取締法改正後の詳細
× THC(幻覚作用を有する成分)
CBD(幻覚作用を有しない成分)
現行の大麻取締法の詳細
× 花穂・葉・未成熟の茎等から抽出した成分を用いた製品の輸入・製造等
成熟した茎及び種子から抽出した成分を用いた製品の輸入・製造等
大麻取締法改正後の詳細
× THC(幻覚作用を有する成分)
CBD(幻覚作用を有しない成分)

HHCリキッド使用の罰則は5年以下の懲役・500万円以下の罰金

HHCリキッド使用の罰則は「3年以下の懲役」か「300万円以下の罰金」若しくは両方が課せられます。なお、商売目的で所持すると「5年以下の懲役」「500万円以下の罰金」に変わります。

また、HHCを医療用途以外の使用・製造・販売・輸入・授与・購入・所持・譲り受けする事が禁止されています。よって、一般人が合法的な手段でHHCを扱う事は不可能です。

【補足】HHCリキッドだけでなく全てのHHC製品が対象となる

補足となりますが、HHCリキッドだけでなく全てのHHC製品が規制対象となっています。HHCオイル・HHCグミ・HHCクッキーなどのHHCが配合される製品は漏れなく対象なので要注意です。

また「合成では無く天然のHHCであれば使用できる」と呟く方を見かけますが、HHCの成分自体が指定薬物に指定されています。よって、生成過程によらずHHCであれば全て規制となります。

HHCが配合される製品は全て使用罪の対象となります。

HHCリキッドのようにキマる・ハイになる代用合法リキッドとは?

HHCリキッド キマる ハイになる 代用合法リキッド

続いては「HHCの次にきている」と言われている、HHCリキッドのようにキマる・ハイになる代用合法リキッドを解説していきます。違法ではないHHCリキッドの代わりを探している方は必見!

結論から、HHCリキッドのようにキマる・ハイになる代用合法リキッドを言うと『HHC-Oリキッド』と『THC-Oリキッド』の全2種類となっています。

HHC-Oリキッド・THC-Oリキッドを吸う際は自己責任で扱ってください。

HHC-Oリキッドようにキマる・ハイになる代用合法リキッド:HHC-Oリキッド

先ず、ご紹介していくHHCリキッドのようにキマる・ハイになる代用合法リキッドは「HHC-Oリキッド」です。HHC-Oリキッドは、HHCをアセチル化した成分で合成カンナビノイドです。

HHC-Oリキッドは、HHCの約3倍強い精神作用があるとされており、HHCと同様の効果を体感する事ができます。確実にハイになる・キマる事が約束されている成分です。

しかし、HHCのように安全だというエビデンスが無い上に、製造販売しているのも多くが個人です。安全性の観点で不安がある方は購入しない方が良いですよ。

HHC-Oリキッドようにキマる・ハイになる代用合法リキッド:THC-Oリキッド

続いてご紹介していくHHCリキッドのようにキマる・ハイになる代用合法リキッドは「THC-Oリキッド」です。THC-Oリキッドは、THCをアセチル化した成分で合成カンナビノイドです。

HHC-O同様にTHCよりも精神作用が強力となっており、有害性があると危惧されている成分でもあります。その有害性とは、リキッドを加熱して吸う事で肺気腫になるというものです。

それでも吸ってキマる・ハイになりたい方は、是非THC-Oリキッドの販売店を調べてみてください!値段は10,000円前後とHHCと比べてもリーズナブルに手に入ります。

HHC-Oリキッド・THC-OリキッドもHHCリキッドのように規制は早いと予想される

HHC-Oリキッド・THC-Oリキッドをご紹介してきましたが、HHCリキッドのように規制は早いと予想されます。というのも、化学式は変わっているものの効果がほぼ同一である為です。

また、取り締まられる法律は大麻取締法では無く、HHCと同じ薬機法となります。なお、HHCが指定薬物に選ばれた際は「規制の公示から施行まで」10日の猶予がありました。

HHC-O・THC-Oが指定薬物に選ばれた時には「報道発表資料 医薬・生活衛生局」にて公開されます。HHC-O・THC-Oの購入を検討する方は、公開されている資料にも気を配りましょう!

2022年3月17日に規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用を解説

規制 違法 HHCリキッド 効果 向精神作用

続いては、2022年3月17日に規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用を解説していきます。また、合法当時どのような使われ方がされていたのかも合わせてご紹介します!

また、HHCリキッドの効果には個人差があるため、効果を感じられない方もいました。ご紹介している効果は絶対感じられる物では無いので参考程度にご覧ください。

規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用:鎮痛作用

先ず、ご紹介していく規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用は「鎮痛作用」です。HHCリキッドの鎮痛作用は強力で、慢性的な痛みも完治に近いレベルで引きます。

この鎮痛作用に助けられた方は多く、医薬品に頼らなくなったという方がとても目立っていました。薬機法では「医療用途でHHCの使用が認められている」ので今後の動向に期待です。

規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用:陶酔作用

続いてご紹介していく規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用は「陶酔作用」です。陶酔作用は副作用とも捉えられますが、お酒で酔うような感覚の事を指します。

HHCリキッドの効果は個人差があるので、リラックス感・多幸感と陶酔感が混ざってしまう方もいます。よって、気持ち悪いと感じる作用の事を陶酔作用と考える方が多いです。

規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用:リラックス感

次にご紹介していく規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用は「リラックス感」です。リラックス感はお酒で酔うような感覚では無く、気持ちが落ち着く脱力感を指します。

ストレスや不安感を感じやすい方が魅力に感じていた効果で、効果の強さで言えばCBNやCBDよりも強力でした。リラックス感に助けられていた方は総じてHHCを惜しいと考えています。

規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用:多幸感

続いてご紹介していく規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用は「多幸感」です。多幸感は非常に強い幸福感や満足感の事で、マリファナ等の違法薬物でも得られる効果!

違法とされる薬物とHHCの決定的な違いは『依存に繋がらない』点です。HHCが規制されて暫く経った今もなお、依存性が無い事からHHCの規制解除を求める方は大勢います。

規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用:マンチ(食欲増進)

次にご紹介していく規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用は「マンチ(食欲増進)」です。マンチは大麻の食欲増進効果で「脳に空腹だと錯覚を起こさせる効果」です。

HHCが規制されていなかった頃は、癌患者・拒食症にもHHCのマンチは効果を示していました。そんな優れた効果を持つHHCの規制に反対する方の多くは、HHC-Oリキッドに乗り換えています。

規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用:睡眠改善

続いてご紹介していく規制で違法となったHHCリキッドの効果・向精神作用は「睡眠改善」です。これはリラックス感や陶酔作用から生まれる効果ですが睡眠の質が大幅に良くなります!

その効果は絶大で、慢性的に眠れない日が続く方・不眠症の方はHHC使用により一時的に症状が改善されていました。HHCが規制されて困っている方の多くは、CBNリキッドに移行しています。

【Q&A】規制で違法となったHHCリキッドのよくある疑問・質問に回答!

規制 違法 HHCリキッドのよくある疑問・質問

本記事の最後に、規制で違法となったHHCリキッドのよくある疑問・質問に回答していきます。回答していく疑問は下記の2つで、HHCを含む日本の大麻情勢の今後についてです。

HHCリキッドのよくある疑問・質問
  1. HHCリキッドが規制解除となる可能性はあるのか?
  2. 今後の日本の大麻情勢はどうなる?

簡単にこれらの疑問・質問に答えると、HHCリキッドが規制解除となる可能性は皆無で、今後の日本の大麻情勢は「新カンナビノイドの登場」と「取り締まり」のいたちごっこと予想できます。

HHCリキッドのよくある疑問・質問:規制解除となる可能性はあるのか?

先ず、お答えするHHCリキッドのよくある疑問・質問は「HHCリキッドが規制解除となる可能性はあるのか?」です。結論から言うと、HHCリキッドが規制解除になる可能性は皆無です!

理由としては「薬物指定が解除された前例が無い」ですし、HHCが有害で無い事を証明するエビデンスも無いからです。なお、下記の出典の通り薬物指定が解除されれば官報にて公示されます。

第一項の規定による禁止又は前項の規定による禁止の解除は、厚生労働省令で定めるところにより、官報に告示して行う。

出典:e-GOV 法令検索

また、HHCリキッドと効果が似ている合法大麻リキッドを吸いたい方はCBNリキッドがおすすめです。CBNは完全合法ですし、今後も違法になる可能性は無いので是非利用してみてください。

HHCリキッドのよくある疑問・質問:今後の日本の大麻情勢はどうなる?

続いてお答えするHHCリキッドのよくある疑問・質問は「今後の日本の大麻情勢はどうなる?」です。結論から言うと、合成カンナビノイドの登場と取り締まりのいたちごっこになります!

最近ですと、合成カンナビノイドはHHCに始まりHHC-O・THC-O・THC-P・HU-210…と、広がりを見せています。そして、これら合成カンナビノイドの効果の強さは非常に強力です。

また、合成カンナビノイドは人の手によって生成されており、総じて人体への有害性が懸念されています。そんな合成カンナビノイドを厚生労働省が野放しにする訳がありません。

「合法でキマる」「ハイになる」事ができる合成カンナビノイドは今後も種類を増やし続けます。よって、合成カンナビノイドの登場と取り締まりで規制になるループは終わりません。

違法のHHCリキッドが規制になった理由や所持で警察に逮捕・捕まる噂まとめ

本記事では、違法となったHHCリキッドが規制された理由や所持で警察に逮捕・捕まる噂を解説してきました。HHC規制には、向精神作用と保健衛生上の危害が関係していたのですね!

また、違法で規制となったHHCリキッドを所持していると警察に逮捕・捕まります。違法すると5年以下の懲役・300万円以下の罰金が課せられるので絶対に所持・使用は辞めてください。

なお、HHCリキッドの代替品を探している方はCBNリキッドが最もおすすめ!CBDに次いで有名なカンナビノイドですし安全性も保証されているので、是非販売店を探してみてください!

ABOUT ME
NIQOSMO編集長
今の時代はスモークフリーな時代!をモットーにアイコス・プルーム・グローなどの加熱式タバコや電子タバコ、CBDをはじめとしたスモークフリーな喫煙具の口コミ・評判から実際に吸って得たリアルなレビューをご紹介中!喫煙者も非喫煙者もニコニコなスモークライフを送れるよう頑張ります。
【全記事対象】書き出し/3ren フィールドセット
SUAPRI誘導
【3ren】Drs X 商標以外
【CTA】Dr.stick(商標以外)
待望の新型
『Dr.Stick typeX』が今なら11,220円割引!
ドクタースティックタイプエックス CTA

人気過ぎて売れに売れている令和最強タバコDr.Stickから待望の新型「Dr.Stick typeX(ドクタースティックタイプX)」が新登場!旧型より吸いごたえもコスパもパワーアップ!

旧型でも数多くの喫煙者を黙らせる吸いごたえを実現していましたが、新型ドクタースティックタイプXは旧型を上回る驚異のキック感を体感出来ます。

さらにたったの1箱で紙巻きタバコ30箱分が換算できる最強すぎるコストパフォーマンスを実現!

喫煙者の救世主とも言えるドクタースティックタイプXが、今なら79%割引+30日間全額返金保証付きでお得に購入可能!今すぐ公式サイトから新型をGETしてみて下さい。

年齢確認 NIQOSMOはタバコに関する内容を含んでいます。 あなたは20歳以上ですか?